クラウドファンディングを開始する前に知っておきたい正しいやり方

サポートしてくれる会社を最初は選ぶ

資金調達をすることで新商品を販売したり、何かしらのイベントを開催することができますが、資金調達をするのはとても難しいです。銀行などの金融機関から資金調達することもできますが、信用度が足りないなどで満足な融資を受けられないことも想定できます。そんなときにクラウドファンディングを利用することで、欲しい資金を上手く調達できる可能性を得られます。やり方はそこまで難しくなく、サービスとしてサポートをしてくれる会社が日本にもたくさん存在するので、本気で資金調達をしたいと考えている場合は、まずがサポートしてくれる会社を探して利用する所も選ぶ必要があります。

魅力的な戦略立案をする必要がある

クラウドファンディングをサポートしてくれる会社を選ぶことができたら、今度は各自で戦略立案をする必要があります。資金を一般の人達から調達することになるので、まずはどのような層をターゲットにするのかを明確化させていくのが大切です。映像作品を作るための資金を調達したい場合は、どんな作品を作るのかを事前に分かりやすく説明できるようにしておかなければいけません。ターゲットの層が少ない場合は、それだけ目的の資金を調達する難易度が上がるので、その点は事前に話し合いをしておくのが大切です。また戦略立案で重要になるのが目標金額になりますが、基本的にはお客さんに商品やサービスを提供できる形になるまでに必要になる資金を目標金額にするのが重要になります。また資金調達に協力してくれた人々に対してリターンを用意する必要があるので、できるだけ魅力的なリターンを用意しておいたほうが目標金額の資金を調達しやすいです。ただ現実的でないリターンを用意してしまうと、後からトラブルに発展することもありますから、計画的にリターンも考えなければいけません。

チーム作りをすると成功しやすくなる

クラウドファンディングのやり方としてはサポートしてくれる会社のサービスを利用するのが簡単ですが、どんなに優れたサポートをしてくれる会社でも資金を調達したい本人の計画性が何よりも重要になってきます。戦略立案をまとめるときにリーダー的な役割を担う人が必要になりますし、分かりやすい文章を書く役割を担う人物も必要です。画像や動画の作成についても専門的な知識を持っている人が対応することで、目標金額までの資金調達をするハードルが低くなります。そのため事前にチーム作りをしておき、誰がどのような役割を担うのかを話し合いをしておくのが、クラウドファンディングを成功させる正しいやり方です。

記事を共有する